看護師の国家試験の日程

看護師の国家試験の日程の発表は政府が発行している「官報」でも行っていますが、厚生労働省のホームページでも調べることができます。毎年8月の上旬に発表されていて、平成25年度の看護師の国家試験は2月17日(日曜日)に行われました

試験地は北海道・青森県・宮城県・東京都・愛知県・石川県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県で、試験科目は人体の構造と機能・疾病の成り立ちと回復の促進・健康支援と社会保障制度・基礎看護学・成人看護学・老年看護学・小児看護学・母性看護学・精神看護学・在宅看護論・看護の統合と実践です。

試験の合格者は平成25年3月25日(月曜日)の午後2時に厚生労働省や地方厚生局、及び地方厚生支局で受験地と受験番号が掲示して発表されます。ちなみに平成24年に行われた第101回看護師国家試験の出願者と受験者ですが、出願者数が54,270人で受験者数は53,702人でした。

出願者数54,270人のうち新卒者数が49,749人で、受験者数53,702人のうち新卒者数が49,336人でした。気になる合格者数ですが48,400人で、そのうち新卒者数が46,928人でした。その結果第101回看護師国家試験の合格率は 90.1%で、そのうち新卒の合格率は95.1%でした。

第101回看護師国家試験の合格基準点と合格ラインですが、必修問題の場合の合格基準点は50点満点の40点で合格ラインは80%でした。一般問題および状況設定問題の場合の合格基準点は247点満点の157点で合格ラインは63.6%でした。

第101回看護師国家試験の合格者を見てみると、3年課程の4年制大学の受験者の合格率が最も高く96.6%でした。4年制大学に次いで合格率が高かったのは、同じく3年課程の養成所の93.9%でした。3年課程の短期大学の合格率は87.2%でした。

2年課程の場合で合格率が高かったのは養成所の87.9%で、次が通信制の71.1%でした。高等学校専攻科が3番目で64.2%で、短期大学の合格率は30.8%と最下位でした。その他では高校専攻科の5年一貫教育が88.7%と高い合格率を誇っています。

看護師国家試験を受験する7割近くが3年課程で、第101回看護師国家試験の場合は養成所の受験者が21,901人で4年制大学の受験者が13,504人でした。合格率は第100回看護師国家試験と比較すると3年課程と2年課程と共に下がっています

Copyright (C) 2007-2013 看護師の国家試験の日程. All Rights Reserved.